株式会社グランデータ | 経営理念|ビジョン

代表挨拶・ビジョン

代表挨拶

企業活動を通じて
世の中へ貢献する

代表取締役社長手島太一

私たちは日本で電力の小売り自由化が行われてから、約3年後の2018年より電力事業に参入いたしました。
そして2019年10月に私が当社の代表取締役社長に就任し、現在も「世の中のためになる」という言葉をテーマに、日々研鑚しております。

当社が電力事業に参入したての頃、自社の顧客を増やすという理念の下活動を行っており、その結果として、多くのお客様にご迷惑をお掛けしてしまったこと、深く反省しております。

この失敗により学んだ事は「お客様が必要としていない」という点を汲み取らず、行うべきではないという事です。

代表就任後にまず着手した事は、行動方針を「契約件数を増やす事」から、「本当にお客様の必要なタイミングにお客様のためになるサービスを提供する事」へ、大胆に変更することでした。

抜本的な解決の為に様々な部分を見直す中で、その根底にあり譲れなかった要素は大きく二点、「今の時代に合ったお客様へのアプローチ」且つ「徹底的にお客様目線でプランや内容、付加サービス等を考える」これに尽きると考えました。

何故そのような考えに至ったかと言いますと、他でもない私自身が営業マンだったからです。
私は20代の頃、ただひたむきに営業活動を行い、日々を過ごしていました。
そんな私の営業人生の中で、私自身がお客様にとって最適とは言えない提案をしてしまった経験があります。

今よりも更に未熟者であった当時の私は、それがお客様にとって一番良い提案ではない事を理解していました。
しかし、私も仕事である以上、成績を伸ばし、家族を守っていかなければなりませんでした。

…心の中でそれらしい言い訳を並べ、さも正当性があるように自身を欺き営業をした事を今でも色濃く覚えております。
その経験を基に私は考えました。

「そもそも最適ではない商品しか手札になかったのが悪かった!」
全てのお客様に最適な商品を提案するためには、それだけ多くの商品を生み出せばいいのです。

こうして私は、「お客様にとって一番良いサービスを提供する」という信念を実現するために経営者への道を歩み始めました。

私が志した信念の実現に必要な事は、お客様がWINになれるサービスを提供したいという一心で事業に取り組むこと。その一点に尽きると考えております。
それが結果的にお客様だけでなく、従業員や株主等、当社の事業に通ずる全ての方々のWINに繋がると確信しております。

勿論、WINの種類にも様々あり、料金の安さやサービス内容の充実、そしてお客様自身の生活様式に合ったものを提供する等、多種多様です。

そんな数あるWINの中、私共の掲げる最も意義のあるWINは、今までお客様自身が中々使う機会のなかった素晴らしいサービスとエネルギー事業を融合することであると考えました。

人々の生活を豊かにする数多くの素晴らしいサービスを、如何にしてお客様に喜ばれる形で提案が出来るかを第一に考え、お客様とサービス提供企業様の架け橋として、より良い生活の一部になることを目標としております。

その目標の実現こそが、私共の考える『全ての方々のWIN』であり、弊社の従業員含め、サービス提供に関わる全ての方々が、家族・友人・そして社会に対して自信を持って誇れる、そんな企業になるために、私自身が志しを持ち、模範となれるよう邁進してまいります。

まずは新電力からのお付き合いになるかと思いますが、将来的には様々なサービスを安価且つ、お客様自身が求める内容に応じて展開できる生活創出企業として、全ての方々に喜んでいただける事を目指してまいります。

企業は、蓄積された有形・無形の資本を肉体として、時代に適合した製品やサービスを生み出し、それが社会に受け入れられ、資本に見合った利益を生み出し続ける限り存在が許されます。

私共はそれを具現化・実現し、皆様から応援いただきながら必要とされる存在になれるよう、未来を切り拓く存在で在り続けます。

そして今現在、私共の電気をご利用いただいているお客様が、5年後、10年後に、本当に使っていて良かったと思っていただけるように、向上心を持ち続け、本当に価値のあるサービスを提供できますよう日々邁進してまいります。

ビジョン

いつの時代も必要とされる企業

電気を使うという行為において、これはどの電力会社を利用されても、質には一切違いはありません。私共を含め、どの電力会社と契約をしても、電力供給の安定性や、電気の明るさ等に差は無いということです。

そのため、ただ電力会社として電気を提供するだけでは、本当の意味で必要とされる企業にはなり得ないと考えます。
私たちは電気だけでなく、生活に必要とされる様々なライフラインサービスを、適正な価格と新たな技術で、日々の生活に何か一つの幸せを作り出します。
その先に私たちが想像していなかった未来があると考えております。

想像を超える未来の実現に向け、常にアンテナを張り、様々な声を聴き、どのようなサービスが社会を豊かにするかを考え続けます。
そして何より、最前線で学び続けること。
如何なる時も自問自答を繰り返し、従業員一丸となって物事を議論し、高い目標を掲げ、達成してまいります。