株式会社グランデータ | お知らせ | 株式会社グランデータ、低圧供給契約件数30万件を突破!賃貸管理会社向けDXサービス「Genesis賃貸」も好調

ニュース

株式会社グランデータ、低圧供給契約件数30万件を突破!賃貸管理会社向けDXサービス「Genesis賃貸」も好調

プレスリリース

「エネルギー×賃貸管理」 のデジタル化を進めている株式会社グランデータ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:手島太一、以下グランデータ)は、電力小売事業の低圧供給契約件数が30万件を突破したことをお知らせいたします。2019年1月にエネルギー事業を開始して以来、2年11ヶ月での突破となりました。

■グランデータについて
グランデータは「エネルギーから新しい仕組みをつくる」というミッションを掲げ、「エネルギー×賃貸管理」 のデジタル化を進めている企業です。

近年深刻化している賃貸管理の課題にアプローチする「Genesis 賃貸」や新規入居者様の電気契約をサポートする「賃貸でんき」を提供し、賃貸管理マーケットのDX化を推進しています。

また、2021年10月には東京ガスエリアにてガスの小売り事業も開始しており、電気とガスのセットメニュー提供により、ご利用者様にとって面倒が少なく、便利で拡張性に富んだサービスの創造を目指しています。

■提供サービスについて
10月から全国の賃貸管理会社へ提供を開始した「Genesis賃貸」は、空室期間の電気契約の手間や費用、経理業務の手間を省略するサービスで、すでに全国約40社と提携が完了しています。

「Genesis賃貸」は、空室期間の電気料金を完全0円で提供していることのほか、初期費用やシステム利用料が一切かからないこと、電気料金0円の実現により経理業務が不要になること、空室が発生するたびに契約を結び直すための電話などアナログ作業が必要なくなること、各物件の契約状況が一覧で確認できることなどが主な強みです。

管理物件の入居者へグランデータが提供する電力(賃貸でんき)の案内が入ることが導入の条件だが、基本料金、利用料ともに大手電力会社よりも安く設定されているため、入居者にとってもメリットがある内容で、「手配が面倒」や「電気が通っていない」など、よくある引越し時のストレスを回避することが可能なため、喜びの声も多く上がっています。

賃貸管理マーケットのDX化を目指すグランデータは、今後も「Genesis賃貸」、「賃貸でんき」を通して低圧供給契約件数を拡大するとともに、全国の賃貸管理会社との新規提携を進めていき、賃貸管理のデジタル化を牽引するマーケットリーダーを目指します。

■賃貸管理会社様のお問い合わせ先
(FD)0120-895-006 ※受付時間10時~18時
(HP)https://grandata-grp.co.jp/contact/

■会社概要
  会社名:株式会社グランデータ
  本社住所:〒171-0022 東京都豊島区南池袋二丁目9番9号
  設立日:2018年7月13日
  資本金:457,275,000円 ※2021年12月現在
  代表取締役:手島 太一
  事業内容:エネルギー事業
  URL:https://grandata-grp.co.jp/

最新ニュース

ニュース一覧へ戻る